インストラクターのブログ
特命営業キヤング木谷恭太のオフィシャルブログ
特命営業キヤングトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2015年12月のアーカイブ

2015年12月のアーカイブ

解説

  • 2015-12-31(木)18:42
  • 更新日:2015-12-31 18:42

image

岐阜タンメンにたまにいきます。

前にはない解説がありました。

同じ商品でもこうゆう解説があるとまた楽しめます。

過去のものでもリメイク解説でわかりやすくなります。

やらないといけませんね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

岐阜タンメン

  • 2015-12-30(水)10:25
  • 更新日:2015-12-30 10:25

image

この岐阜タンメンは絶対県外の人に食べさせたい。

他にはない味だと思います。

他にはない、といってるだけで、

うまいかうまくないかは好みです。

非常に特徴のでた美味しいタンメンだと思います。

しかもタンメンで替え玉です。

めずらしい。

特徴的なだけに良いです。

特徴的って大事です。

残念ながら岐阜駅付近ではないので、インストラクターが食べる機会が少ないのです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

年末

  • 2015-12-28(月)08:13
  • 更新日:2015-12-28 08:13

image

年末ですね。

監禁生活が始まります。

何をしようか考えてます。

以前に冷凍庫で働いていたときに、おせちの冷凍の配送をしてました。

そのときに、

自分みたいな人間がいるからおせちが食べられるって思って働いていました。

年末といえど、そのみんな休んでいる間に一番忙しい人もいるもんです。

ただ、僕は今年は監禁生活です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ふぐ

  • 2015-12-27(日)12:08
  • 更新日:2015-12-28 07:47

これはフグの刺身に味付けしたものをまぶしたサラダになります。

恥ずかしながら私は言われなかったら、ただの白身魚のサラダとしか気づけないと思います。

実はこんなところにまでも、っているこだわりが見えると、

なるほど!ってなります。

フグなんてめったに食べる機会なんてないですから、サラダにも興奮してしまいました。

鈍感な自分は、

毎日、カレーとかラーメンとか牛丼でもいいと思ってる心情が抜けきれないのは否めません。

でも、こうゆう繊細な味を知ったり、触れたりすることによって

自分が興味があるとかではなく

知ることができるのはやはり大事です。

人付き合いとして非常に大事だと感じます。

興味がないことはたくさんありそうですが、これをきっかけにフグをきっかけに大事にしたいと思います。

ふぐ調べます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

サッカーうまい人は正月がない

  • 2015-12-26(土)07:47
  • 更新日:2015-12-28 07:47

クリスマスが終わると正月なわけですが、落ち着いて正月を過ごせるようになったのは、

ここ3年前くらいで、

小学校~大学生まではほぼ遠征でしたし、

クラブ社員時代は、プールの水抜きが正月で、

気づいたらそんな感じでした。

そもそも、サッカーってなんで正月にいろいろまとめて大会をするのかが意味不明です。

高校選手権に天皇杯、インカレもです。

なんだか強いチームにいる人こそ正月がないみたいなサッカー部あるあるがありますね。

今年もある意味正月なんてないわけで。

強いチーム気分で乗り越えようと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2015年12月のアーカイブ

カレンダー
« 2015 年 12月 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スタッフブログ
  • 走ってお届け 発注は松下まで松下裕子のオフィシャルブログ
  • 松井英一のオフィシャルブログ
  • 梅村隆オフィシャルブログ
  • Smiles for All加藤丈明のオフィシャルブログ
  • 磯吾郎物語
  • musica荻野由季乃のオフィシャルブログ
  • Takahashi Walker高橋真一のオフィシャルブログ
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る